IT雑学

Wiresharkのインストール手順メモ

you-tnb-298

あるシステムの稼働環境構築に伴ってネットワークの通信状態を確認する必要があり、通信解析ソフトの「Wireshark」をインストールしたので、備忘録としてメモします。

よく分からないけど試してみようかな?と思っている方の参考になればと。

Wiresharkとは?

様々な通信プロトコルに対応した通信解析ソフトウェアです。

GPLライセンスのオープンソースソフトウェアなので(ライセンスの規約に則っていれば)無料で使用可能です。

利用にあたっては特にアカウント登録などの手続きも不要なので、とりあえずは下記手順に従ってインストールしてみましょう。

インストーラーのダウンロード

まずは下記サイトからインストーラーをダウンロードします。

Wireshark.org
Wireshark.org

ヘッダーメニューにある[Get Acquainted]の[Download]をクリックするとダウンロード画面に遷移するので、インストーラーをダウンロードします。(今回はWindows用を選択)

自分のPC内にインストーラーがダウンロード出来たら、さっそくダブルクリックしましょう。

記事執筆時点のバージョンは4.0.7でした。

インストール実行

インストーラーが起動したら、早速、インストールを進めましょう。

“GNU GPL”ライセンスであることを確認します。

ここではライセンスについての説明は割愛しますが、利用できる範囲・条件をキチンと把握しておきましょう。

援助についての記載です。興味があればリンクをクリックしてみましょう。

インストールするコンポーネントを選択します。

今回はひとまずそのまま、一通りのチェックがついた状態で進めます。

ショートカット作成とファイルの関連付けについての設定です。

デフォルトではスタートメニューへの登録にチェックが入っています。デスクトップアイコンの作成、ランチャー登録が必要であればチェックを追加します。

ファイルの関連付けについてはチェックを入れたままにします。

関連付けは外れていると後で面倒になるので、チェックを外さないようにしましょう。

インストール先のフォルダを選択します。特にこだわりがなければこのままで。

パケットキャプチャの「Npcap」も一緒にインストールしますので、チェックは付けたままで。

「USBPcap」をインストールすると、ネットワーク通信だけでなくUSBインターフェースでの通信もキャプチャできるようになります。

今回はネットワーク通信のみでよかったので未チェックで進めます。

ここまで進めるといよいよインストールが始まります。

果報は寝て待て。。。

途中で、「Npcap」のインストールが挟まります。まずはライセンスの確認。

管理者のみ使いたい場合、モニターモードを有効にしたい場合、WinPcapで動作させたい場合はそれぞれチェックを入れます。

お試しで使う分には特にチェック不要かと思います。

「Npcap」のインストールが完了しました。

自動で「Wireshark」のインストールに戻るので、完了を待ちます。

無事にインストールが完了しました!

PCの状況によっては再起動が必要な場合があります。

促されたらPCを再起動しましょう。

起動確認

インストール時の選択に従って、スタートメニューやデスクトップアイコンが作成されていると思いますので、そこから起動してみます。

「ようこそ」と表示されれば起動OKです。

解析したいインターフェースを選択するとパケットのキャプチャが始まりますので、フィルタ指定を使うなどして、対象となる通信のデータを収集・解析することができるようになりました。

ひとまず今回はここまで。

ABOUT ME
you-tnb-298
you-tnb-298
理系大学卒業後、音楽学校で2年修行。20代はギターとドラム、30歳手前でプログラマーへ。
応用情報処理技術者、ウェブデザイン技能検定3級、色彩検定2級、日商簿記2級。登山は富士山経験あり、マラソンはハーフ1h58m。
記事URLをコピーしました