IT雑学

「E START アプリ」が突然出たときの対処

you-tnb-298

ある日、Windowsを起動したら「E START」というアプリケーションが勝手に立ち上がっていた、ということはありませんか?

唐突に表れることがある「E START アプリ」について解説します。

「E START アプリ」とは?

「E START アプリ」は、GMOインサイト株式会社が提供している無料のサービスで、デスクトップに常駐する「E START デスクトップバー」で初めてインストールされていることに気付く方も多いと思います。またブラウザにも一緒に機能が追加されることもあります。

いつのまにかインストールされていることがあるため、急に出てくると焦ってしまいますが、決してウィルスのような悪意のあるプログラムではないので安心してください。

「E START デスクトップバー」の機能は?

    • 位置情報をもとに天気を表示する
    • ニュースを表示する
    • ブラウザを立ち上げずにキーワード検索する

といった機能があります。常駐するデスクトップアプリのほか、普段使用しているブラウザにも検索バーが追加されたりすることもあります。

便利に感じる方もいれば、正直なところ、使わないから邪魔に感じる方もいるでしょう。

いつインストールしたのか

自分からアプリをダウンロードしてインストールしたなら兎も角として、実際のところ、ほとんどの人が「いつの間にか勝手にインストールされていた?」となっているのではないかと思います。

そういった場合、直近で何か新しいフリーソフトをインストールした記憶はありませんか?あるいは、既にインストール済みのソフトを最新版にアップデートした記憶はないでしょうか?

実はフリーソフトをインストールする手順の中に、この「E START アプリ」をインストールするチェックがあり、そのチェックを付けたまま手順を進めていくことで、本来の目的だったアプリと一緒に「E START アプリ」もインストールされている、ということがあります。

一例として、上記は「CubePDF」というソフトをインストールする手順の途中に入ってくるダイアログです。ここでチェックを付けた状態で[次へ]以降に進んでいくと、最終的に「CubePDF」と一緒に「E START アプリ」もインストールされることになります。

アンインストールするには

「E START アプリ」は、別に悪さをするわけではないのでそのままにしても問題はありませんが、多少なりともストレージを使用し、また起動時などに通信などの処理が走りますので、気になるならばアンインストールしましょう。

手順は通常のアプリのアンインストールと同様に、コントロールパネルから行います。

まずは、[スタートメニュー]>[Windows システムツール]>[コントロールパネル]を開きます。

コントロールパネルから、[プログラム]>[プログラムと機能](または[プログラムのアンインストール])を選択します。

インストールされているプログラムが表示されるので、その中から「E START アプリ」と「E START アップデートセンター」を探し出して選択し、[右クリック]>[アンインストール]を実行します。確認ダイアログが表示されますが、気にせず[はい]を押してアンインストールしましょう。

これで無事にアプリが削除されました。

やっぱりあっても良かったかな・・・と思ったら、もう一度インストールしましょう。

ABOUT ME
you-tnb-298
you-tnb-298
理系大学卒業後、音楽学校で2年修行。20代はギターとドラム、30歳手前でプログラマーへ。
応用情報処理技術者、ウェブデザイン技能検定3級、色彩検定2級、日商簿記2級。登山は富士山経験あり、マラソンはハーフ1h58m。
記事URLをコピーしました