IT雑学

ZIP圧縮には容量制限がある!?

you-tnb-298

ZIP圧縮は広く使われているファイル圧縮形式の一つで、Windows10以降であれば標準で圧縮・解凍の機能が備わっています。メール添付などにも良く使われますが、容量制限による圧縮エラーがあることは意外と知られていません。

「何故かZIP圧縮がうまくいかない」「解凍したらファイルが壊れてる」という時は、下記の内容を確認してみましょう。

ZIP圧縮の最大容量は?

ZIP圧縮は、圧縮前の容量は最大4GB、圧縮後は2GB以下になるデータしか正常に圧縮することができません。

仮に4GBを超えるファイルを圧縮した場合、一見、圧縮ファイルが作成されて成功したように見えますが、解凍してみると中身が壊れてまともに開けなくなります。

もともとZIPは圧縮率がそれほど高くはないので、圧縮前の4GB制限よりも圧縮後の2GB制限に引っかかるほうが多いかもしれませんね。

圧縮前の最大容量は4GB、圧縮後は2GB以下で!

ファイル圧縮時の注意点

この場合に気を付けないといけないのは、圧縮に失敗してもzipファイルが出来上がって成功したように見えるという点。

どんな圧縮形式の場合でも、圧縮ファイルを作成した際は必ず一度解凍してみて、正常にファイルが開けることまで確認するようにしましょう。

圧縮後に元ファイルを削除してメールで送ったらファイルが壊れていて開けなかった、なんてことになってしまってはどうしようもありません。

必ず、解凍確認をしましょう!

大容量ファイルを圧縮するには?(Win)

では、ZIPでは圧縮できないような容量のデータはどうやって圧縮したらよいでしょう?

Windowsであれば「7-Zip」が使いやすいのではないかと思います。

Download 7-Zip
Download 7-Zip

ZIP圧縮に比べて圧縮率も高く、しかも早い、対応可能な容量は16,000,000,000 GBということで現状のIT業界的には実質無制限といってよいでしょう。オープンソースなので無料で使用することができます。

圧縮・解凍するにはアプリケーションのダウンロード・インストールが必要なので、誰でも使えるというわけではないですが、それなりの容量のデータを扱うような業務・業種の方であれば、導入するのに支障はないと思います。

7-Zipの圧縮ファイルを誰かに共有するときは、相手方に解凍する環境があるか、事前に確認しておきましょう。

大容量ファイルを圧縮するには?(Linux)

Linux系であれば、「gzip」や「bzip2」なんかが良く使われるのではないかと思います。ただしこのコマンドは複数ファイルのアーカイブには対応していないため、実際に使う際は複数のファイルをアーカイブ化する「tar」コマンドと併用するのが一般的です。

//圧縮
tar -czvf directory.tar.gz target_directory

//解凍
tar -xzf directory.tar.gz

上記コマンドは「tar」と「gzip」を同時に実行していますが、分けて実行することも可能です。

ここではlinuxのコマンドについては割愛しますので、詳しくは各コマンドのマニュアルを参照してください。

近年は大容量のデータをやり取りする機会も増えています。最適な方法を探しておきましょう。

パスワード付きZIPによるデータ共有の危険性

なお、ファイルの受け渡しなどで使用されるZIP形式ですが、パスワード付きZIPをメールで送る方法=所謂”PPAP”についての危険性を下記ページにて解説しています。

PPAPによるデータ共有の危険性についてはこちら
“PPAP”の危険性とは?
“PPAP”の危険性とは?

“PPAP”でのデータ共有を行っている方は、一読してみてくださいね。

ABOUT ME
you-tnb-298
you-tnb-298
理系大学卒業後、音楽学校で2年修行。20代はギターとドラム、30歳手前でプログラマーへ。
応用情報処理技術者、ウェブデザイン技能検定3級、色彩検定2級、日商簿記2級。登山は富士山経験あり、マラソンはハーフ1h58m。
記事URLをコピーしました