Windows

【Windows】起動・終了の履歴を調べるには

you-tnb-298

Windows環境を使用していると、何かしらの調査で起動・終了の履歴を調べなければいけないこともあると思います。

そんなときの手順について解説します。

イベントビューアー起動

Windows上での出来事については、「イベントビューアー」という、Windowsに最初から入っている仕組みで調べることができます。

イベントビューアーの起動方法はいくつかありますが、手っ取り早いのは[スタートメニュー]の右クリックから起動する方法ですね。

他にも、[スタートメニュー]の[Windows管理ツール]から起動する方法や、[ファイル名を指定して実行([Windows]+[R])]から「eventvwr.msc」を入力して起動する方法があります。

ご自身のやり易い方法で起動してください。

イベントビューアーを起動したら左ペインの[Windowsログ]を選択して展開し、そのなかの[システム]をクリックします。

少し待つとイベントログの一覧が表示されます。

情報収集に少し時間がかかる場合もあるので、慌てずに。

ただし、この段階ではすべてのイベントログが表示されるため、ここから起動・終了のログを絞り込む必要があります。

起動・終了のイベントID

Windows内のイベントはそれぞれに固有のイベントIDが割り振られていますので、イベントIDを指定することで、起動・終了のログを絞り込みます。

サーバーOSであれば、下記イベントIDで絞り込むのが良いでしょう。

イベントIDイベント内容
12Kernel-General OS起動時刻
13Kernel-General OSシャットダウン時刻
6005イベント ログ サービス開始(=起動)
6006イベント ログ サービス停止(=正常にシャットダウン)
6008正常ではない終了

一方、Windows 10/11で「高速スタートアップ」機能が働いている場合は、PCの起動・終了を行っても上記イベントが記録されないため、下記のイベントIDで絞り込みましょう。

イベントIDイベント内容
7001(ログオン)ユーザー ログオン通知(=起動)
7002(ログオフ)ユーザー ログオフ通知(=シャットダウン)

イベントIDでの絞り込み

イベントIDでの絞り込みは、下記の手順で行います。

フィルターダイアログを開く

イベントビューアー右ペインの[現在のログをフィルター]をクリックします。

イベントIDを指定する

イベントIDを指定して[OK]を押します。

イベントIDはカンマ区切りで並べると、複数指定できます。また二つの数字をハイフンで繋げることにより、範囲指定することもできます。

イベントを確認する

指定したイベントIDのみが表示されます。

以上の手順で、Windowsの起動・終了状態を確認できるようになると思います。

あとは調べたい内容に沿って時間帯なども併せて、調査を行っていきましょう。

ABOUT ME
you-tnb-298
you-tnb-298
理系大学卒業後、音楽学校で2年修行。20代はギターとドラム、30歳手前でプログラマーへ。
応用情報処理技術者、ウェブデザイン技能検定3級、色彩検定2級、日商簿記2級。登山は富士山経験あり、マラソンはハーフ1h58m。
記事URLをコピーしました